いつか?死ぬぞ!!

【2019徳島マラソンの生命をかけた戦い。】

嵐のような雹が紛れる冷たい雨、そしてかなりの暴風。

ゲートが閉まるまでには、まだまだ時間がありあまるような時間帯からの!まさかの突然の自然の猛威。

そして脅威。

第3ゲート付近は、津波のあとの避難地みたいな壮絶な現場でした。

救護班の皆さんは、迅速な対応を徹底されていましたが、低体温症のランナーが莫大に存在した。

突然の突風。北からの雹混じりの凍える横殴りの雨。

僕は、幸いびしょ濡れこそ免れましたが、皆さん右肩から右足は容赦なくかなりびしょ濡れ。

人により、全身びしょ濡れも多数。

沿道の救護班の皆さんも、かなり濡れていた。

後方のランナーは、スピードが速くない。

容赦なしに体温が奪われる。

気温も急激に降下かなり低い。

まちがいなく体力も消耗。

さすがの悲惨な状態に、四国放送の取材陣も無口になる。

カメラは止めていた。

僕は、ポンチョ。そして2枚目のポンチョを羽織りましたが、台風の国旗みたいにバタバタと唸り破れてしまいました。

帽子はかなりキツめにつけ、ツバを前にしても、何度も風で飛ばされそうになる。

当然靴は、びしょ濡れ。

低体温症のランナーが増加することは容易に想像できた。

まちがいなく、このままではヤバイと判断。

やむなく、辞退。

——-

避難所テントは満員。

動く気配のない!二台ある暖房がかかるバスは満員。

この時、緊急患者を分別するトリアージをするスタッフがいない。

低体温症をまぬがれたランナーで満員。

あの場面では、低体温症優先シートを確保しなきゃ!

本気でやばいと感じた。

つぎからつぎへと到着するびしょ濡れのランナー。

そこで、驚く。低体温症増える中!

「今から、緊急のバスを手配する」と、本部との緊急連絡なのかリーダーらしき人が電話してた。

まじかよ。

あれには恐れ入った。

緊急用のタクシーも空車。

タクシーなら!

※おいおい、少なくとも3人は暖が取れる。

そこに意識がない状態のランナーが存在し、救護班が向かう。

まさに修羅場だ。

隣では、ガタガタ震える女子数名。

通路では、立つこともままならない、意識朦朧の女性。

続…

スタッフの機転で配布する毛布が全くたりない。

タオルもたりない。

銀色の保温シートを配布するが、

低体温症のランナーには渡せない。

数がない。

他の救護班からの応援は?全くない。

あれだけ壮絶な場面では、救急もそうだが、警察車両も駆けつけてほしいと思う。

———

今回で脆さが露呈。

ゴテゴテにまわる運営。

ひとの命がかかる現場の

テイタラクがかなり判明したが、

徳島マラソンは、局所的で、急な天候の悪化には対処のすべがない。

スタッフさんも皆さん、持ち場があり動けない。

優秀なスタッフさんも、手がたりないなら動けない。

せめて、

低体温症で搬送されたランナーさんの無事を祈りたい。

#とくマラ

#とくしまマラソン

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中